感染予防対策 STERILIZATION

感染予防対策

感染予防対策への取り組み

  • 検温

    ご来院時に受付にて、非接触型の体温計で体温を測らせていただきます。

  • 感染症予防確認事項

    問診票のご記入に加えて感染症予防のための確認事項がございます。

  • 滅菌処理

    高性能な洗浄機器、減菌機器を使用し、治療器具の衛生管理を徹底しています。

  • 院内消毒

    次亜塩素酸水「トクヤマデントジア」を使用し院内消毒を行っています。

  • 滅菌パック

    滅菌処理した治療器具は滅菌パックに入れ、治療寸前に開封します。

POINT

スワン会グループでは、全クリニック共通で独自の感染対策システムを導入して徹底的な感染対策に取り組んでいます。
治療で使用したハンドピース類などは使い回すことなく、患者様ごとに滅菌・消毒して付け替えています。より効率的に治療器具の消毒・滅菌が行えるように配置などを決定しています。

滅菌処理の流れ

  • 01

    予備洗浄(タンパク質除去の薬剤にて血液・体液の除去)

    治療に使用した器具を、処置工程ごと分別して洗浄します。
    タンパク質除去の薬剤を使用して、血液や液体、タンパク質などの汚れを除去します。
    細かい器具は内部に汚れが残りやすいため、注意深く洗浄します。

  • 02

    一次洗浄(消毒薬に入れ超音波洗浄機にて洗浄)

    予備洗浄では落としきれない汚れを超音波洗浄機にて洗浄します。 高性能殺菌水で隅々まで殺菌します。通常のウイルスや細菌なら瞬時に殺菌でき、生命力の強いと言われている菌も5分ほどの洗浄で死滅します。

  • 03

    滅菌処理(個別に袋詰めし、クラスB滅菌器にて高圧蒸気滅菌)

    滅菌パックに入れて個別に袋詰めをした後、オートクレーブリサと呼ばれる高圧蒸気滅菌器にて滅菌を行います。徹底的な空気除去による真空蒸気滅菌を行い、複雑な形状や様々な種類の医療器具の滅菌が可能です。

  • 04

    保存(滅菌された袋のまま保管)

    高圧蒸気滅菌器にて滅菌処置を行ったあと、滅菌された袋のまま保管します。 滅菌パックにて無菌状態で保存していた器具は、使用直前に開封することで安全性を保ちます。

衛生設備

クラスB滅菌器

院内感染を防ぐために、当院ではクラスのBオートクレーブを導入しています。
クラスBのオートクレーブとは、ヨーロッパで最も厳しい基準をクリアした滅菌器で、あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できるとされています。基準の高い滅菌器を使用し、院内感染の防止に取り組んでいます。。

コンビネーションオートクレーブ
(DACユニバーサル)

院内感染を防ぐために、当院ではクラスのBオートクレーブを導入しています。
クラスBのオートクレーブとは、ヨーロッパで最も厳しい基準をクリアした滅菌器で、あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できるとされています。基準の高い滅菌器を使用し、院内感染の防止に取り組んでいます。

超音波洗浄機

超音波洗浄機は、超微細な振動によって細かい汚れを落とすことができる設備です。
治療の際に使用した器具は、滅菌・洗浄する前に強力な超音波で洗浄して、汚れやタンパク質などの付着を取り除きます。