Q&A

受験前の子供が矯正治療を始めても問題はありませんか?

子供の歯並びが悪く、矯正治療を勧められましたが、今は中学受験を控えた大切な時期です。このタイミングで矯正治療を始めても問題はないのでしょうか? 受験に支障が出るのではないかと不安で、治療を受けさせるか迷っています。

受験前の子供が矯正治療を始めても問題はありませんか?

新宿スワン歯科・矯正歯科からの回答

お子様が受験前に矯正治療を始めることには、不安を抱く保護者の方も多いようです。受験前は精神的にナーバスになりやすい時期ですが、基本的には矯正治療が受験に影響を与えることはあまりないため、過度な心配をする必要はありません。

矯正治療が受験に影響を与えることはまれ

ただでさえプレッシャーで精神的に不安定になりがちな受験前。なるべく負担をかけたくないからと、お子様に矯正治療を受けさせることをためらう保護者の方もいるでしょう。

確かに、治療を始めたばかりの頃や、装置の調整でワイヤーを取り替えた直後などは歯に痛みを感じることがあります。しかし、そうした痛みは小学校低学年のお子様でも我慢できる程度であり、数日間で収まるもの。受験に大きな影響が出ることはほとんどないと言えるでしょう。

不安な場合は医師に相談を

「矯正治療は受験に直接影響することはない」と言われても、やはり不安が拭えないという方は、歯科医師と相談して治療の開始時期を調整しましょう。たとえば小学生のお子様の場合、中学受験までに治療が完了するような計画を立てるのがベストです。

ただし、そこまで早く始められなくとも心配はありません。直前に開始するのを避ければ、ある程度は器具に慣れた状態で受験を迎えられるため、負担を最小限に抑えることができるでしょう。

また、受験本番が近くなる時期は歯に加える力を弱くするなどして、負担を軽減することもできます。不安のある保護者の方は、まず歯科医師にご相談ください。

矯正治療にはどんなものがあるの?

なお、矯正治療には一般に想像される金属製のパーツ(メタルブラケット)を使ったワイヤー矯正のほか、白や透明の装置を使っており目立ちにくい「クリアブラケット」、歯の舌側に器具を装着する「裏側矯正」、取り外し可能な透明のマウスピースを装着する「マウスピース矯正」など、さまざまな選択肢が存在します。

それぞれ違ったメリットがあり、治療期間や予算、装着時の違和感の度合いなど、重視したい条件によって最適な治療法は異なります。もし受験のために違和感の軽減を最優先したいのであれば、その他の矯正治療と比較して違和感が少ない「マウスピース矯正」がおすすめです。ただし、指定された装着時間を守らなければならず、治療可能な症状も限定的なため、歯科医師と十分相談のうえで決定しましょう。

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

受験前に子供に矯正治療を受けさせることをためらう保護者の方は少なくありませんが、矯正治療の痛みや違和感はそれほど強いものではありません。その違和感も、治療開始後、またはワイヤー調整後の数日間で収まるため、受験に大きな影響が及ぶことはほとんどないと言ってよいでしょう。

また、保護者様や患者様との綿密な相談のうえ、ベストな開始時期や治療計画を歯科医師がご提案しますので、ご安心ください。とはいえ、受験期はお子様が非常にナーバスになる時期です。少しでも不安のある方は、まずはお気軽に当院までご相談ください。

一覧へ戻る

矯正・インプラント・ホワイトニングの
初回無料相談実施中!