子供にマウスピース矯正を受けさせるにあたって、注意することはありますか?

  • ホーム > 
  • よくある質問 > 
  • 子供にマウスピース矯正を受けさせるにあたって、注意することはありますか?

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

Q&A

子供にマウスピース矯正を受けさせるにあたって、注意することはありますか?

子供の歯並びが悪いのが気になっており、矯正治療を受けさせることを検討しています。マウスピースで矯正ができると聞いたのですが、マウスピース矯正を受けさせるにあたってはどのようなことに気をつければいいでしょうか。

子供にマウスピース矯正を受けさせるにあたって、注意することはありますか?

新宿スワン歯科・矯正歯科からの回答

ご質問にあった通り、マウスピースでの矯正治療は子供にも適用可能です。マウスピース矯正はさまざまなメリットをもつ治療法ですが、治療を受けるにあたってはいくつか注意すべきことがあります。今回は、治療開始前に知っておいていただきたいことについてご説明します。

矯正治療開始に最適な時期は?

マウスピース矯正に限らず、子供に矯正治療を受けさせることを検討している場合、気になることのひとつが「何歳くらいから治療をスタートさせればよいか」ということではないでしょうか。新宿スワン歯科では、できるだけ早く歯科医師に相談することをおすすめしています。

矯正治療に適した時期は子供の歯の成長度合いによって異なるため、どの年齢から開始するのがよいとは一概には言えません。ただし、歯の不具合を放置した場合は適切なタイミングで治療を始められなくなるため、治療がうまく進まなかったり、時間やお金が余計にかかったりすることもあります。

また、顎の骨の成長過程にある子供の場合、歯を抜かずに歯並びを改善できることもあるため、当院では子供のうちにカウンセリングを受けることをおすすめしています。まずはすみやかに歯並びや歯の成長速度を確認する診察を受け、最適な治療開始時期を歯科医師とご相談ください。

マウスピースなら痛みの少ない矯正治療が可能

マウスピース矯正ではマウスピースを2週間ごとに交換して少しずつ歯を動かすため、一般的な矯正治療に比べ、痛みの少ない治療が可能です。そのため、痛みに弱い子供でも矯正治療を受けやすくなります。お口の中の違和感や話しにくさを感じにくいことも特長です。

また、マウスピース矯正には目立たず、見た目を気にしなくてもよいという大きな利点があります。装着するマウスピースは薄くて透明のため、周囲に気づかれる心配が少なくなります。

そのほかのメリットとしては、比較的短期間で治療が終わる、食事やブラッシングの際に外せるので口腔内を清潔に保ちやすいといったことが挙げられます。

マウスピース矯正の注意点

マウスピース矯正にはさまざまなメリットがある一方、注意点もあります。マウスピースは取り外しが可能ですが、決められた装着時間を守らないと計画通りに歯が動かず、治療の進行が大きく遅れてしまうおそれも。子供が装着時間を守れるよう、十分注意する必要があるでしょう。

マウスピース矯正は装置を取り外してブラッシングができるため、一般的な矯正治療に比べると口腔内の清潔を保ちやすいと言えます。とはいえ、マウスピース装着中は唾液の循環が遮られるため、むし歯のリスクを抑制するためにも、丁寧なブラッシングに加え、マウスピースを取り外すたびに装置とお口を洗浄するといった習慣づけが必要になります。

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

矯正治療開始に最適なタイミングは、それぞれの子供によって異なります。また、小さなお子様の場合、どうしてもすきっ歯になりがちです。一般的に乳歯よりも永久歯の方が大きいので、生え変わるためのスペースをあらかじめ空けて生えてくることが多いのです。 ※個人差があります。

そのため、あまり小さいうちから過度に心配することはありませんが、もちろん子供のうちに治療を開始した方がよいケースもありますので、まずは歯科健診の際などに併せて、先生に相談してみてくださいね。

お子様の歯並びや歯の成長速度を拝見し、ご相談の上でベストな治療開始時期・治療法を見極めさせていただきます。お子様に矯正治療を受けさせることを検討中の親御様は、どうぞお気軽にご相談ください。

一覧へ戻る