審美歯科の治療にはどんな選択肢がありますか?治療にかかる期間も教えてください。

  • ホーム > 
  • よくある質問 > 
  • 審美歯科の治療にはどんな選択肢がありますか?治療にかかる期間も教えてください。

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

Q&A

審美歯科の治療にはどんな選択肢がありますか?治療にかかる期間も教えてください。

ブラッシングでは落ちない前歯の黒ずみや、すきっ歯がコンプレックスです。審美歯科で歯の見た目を改善したいのですが、治療にはどんな選択肢があるのでしょうか?それぞれの治療にかかる期間も教えてください。

審美歯科の治療にはどんな選択肢がありますか?治療にかかる期間も教えてください。

新宿スワン歯科・矯正歯科からの回答

1本1本の歯の大きさや色を統一すれば、歯を見せて笑ったときの印象がよくなります。審美歯科治療には、矯正歯科、ホワイトニング、補綴(ほてつ)などの種類がありますが、このセクションでは「審美補綴」に絞って内容をご紹介しましょう。

審美補綴ってどんな治療?

審美補綴とは、変色したり欠けたりした歯に人工的な材料を被せて、色や形を整える治療です。審美補綴に用いられる素材の種類には以下のものがあります。

セラミッククラウン(オールセラミック)

むし歯や変色が気になる歯を削り、セラミック製の被せ物を使用して、自然な歯の色と形を再現します。被せ物の形を調整すれば、すきっ歯などの軽度な歯並びの乱れを整えることも可能です。金属を使わずに被せ物を作製するので、審美性にも優れています。

セラミックインレー(オールセラミック)

歯を削った箇所にセラミック製の詰め物を使用して、歯を白くする方法です。銀歯が目立つ奥歯も、セラミックの詰め物に替えれば自然な見た目に近づけることができます。

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、セラミック製のつけ爪のような薄い板を接着する治療法です。ホワイトニングで白くできなかった前歯の色を白くしたり、軽度のすきっ歯の改善にも用います。安全で耐久性があるため、多くの人に選ばれています。

ジルコニアクラウン

オールセラミックの中でも特に審美性に優れ、金属と同等の強度を兼ね備えています。周囲の歯に合わせた微妙な色の調節が可能で、天然歯と見分けがつかないほどの自然な見た目を再現できます。

メタルボンド

金属製のフレームにセラミックを焼きつけた被せ物です。オールセラミックに比べ色味の自然さは劣りますが、内側に金属を使用している分丈夫で割れにくいため、奥歯などの使用に適しています。

オールセラミックの治療にかかる期間は?

治療では、患者様の希望をカウンセリングしたあとで、むし歯や以前に治療した詰め物の除去を実施。その後、歯の精密な型取りを行い、作製したセラミック歯を装着して最終調整を行います。治療対象の歯に神経がない場合は、治療後の強度を保つために土台をつくる工程をはさむので、歯に神経があるケースよりも治療期間は少し長くなるでしょう。
治療に用いる素材や治療開始時のお口の状態によっても異なりますが、被せ物を作成できる状態になってから大体2~3回程度、1か月前後の治療を行うことが一般的です。

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

歯の見た目を改善するための治療としてまず挙がるのがインプラントですが、軽度のすきっ歯や黒ずみの改善であれば、セラミッククラウンやラミネートベニアなどの審美補綴でも対応できる場合が多くあります。審美補綴はインプラントに比べて治療に必要な期間が短く、費用も抑えられるので、前歯の黒ずみや口を開けたときに見える銀歯が気になる方は、審美補綴による治療を検討するといいでしょう。

審美補綴に用いる素材にはさまざまな種類があり、治療にかかる期間は治療の内容によって異なります。まずは歯科医院で相談してみましょう。

一覧へ戻る