Q&A

治療後の歯が再び虫歯になることはありますか?

新宿スワン歯科・矯正歯科からの回答

虫歯の治療のために歯を削り、詰め物や被せ物をしている場合は、その内部から虫歯が再発する可能性があります。保険の詰め物・被せ物(銀歯)はセメントで歯に接着されますが、セメントが時間とともに溶け出すことで隙間が生まれ、そこに細菌が繁殖することで虫歯が再発するケースは少なくありません。銀歯の内側が虫歯になっていても気づきにくく、痛みなどの自覚症状が出るまで発見できないことも多々あります。 虫歯の再発を防ぐには、なぜ虫歯になったかという原因を理解することが大切です。歯をちゃんと磨けておらず、プラーク(歯垢)が着きやすい部分があるなら、入念にブラッシングしましょう。歯並びが悪くてブラッシングが難しい場合は、矯正治療を検討してもよいでしょう。また、保険適用の詰め物・被せ物ではなく自費治療を選べばより精度の高い治療を行えるため、虫歯が再発するリスクを下げることができます。

一覧へ戻る

矯正・インプラント・ホワイトニングの
初回無料相談実施中!