予防歯科

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

「予防歯科」がお口の健康をつくります

「予防歯科」がお口の健康をつくります

「歯が痛いから、歯医者に行こうかな……」。歯科医院に行くタイミングを、このように「痛みが起きてから」と思われている方が多くいます。しかし虫歯や歯周病は、一度かかってしまうといくらきちんと治療をしても、歯や歯ぐきをもとどおりにすることはできません。そこで近年では「ならないための予防」を目的に、「健康なとき」に通院される方が増えてきました。

東京・新宿にある歯医者「新宿スワン歯科・矯正歯科」の予防歯科は、定期検診時に虫歯・歯周病を予防し、お口の健康維持をサポートするための専門的なメインテナンスを行っています。予防歯科で、自分の歯をずっと守っていきましょう。

歯の再石灰化を利用しましょう

お口の中では、歯からミネラル分が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、再びミネラル分が歯に取り込まれる「再石灰化(さいせっかいか)」が常にくり返されています。しかし何らかの影響によって、この脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、再石灰化が追いつかなくなることで虫歯ができてしまいます。

歯の再石灰化を利用しましょう

歯の再石灰化は自然にも起きている現象ですが、歯科医院でのフッ素塗布や専門的なクリーニング「PMTC」、またキシリトールの摂取などによって促すことも可能です。ごく初期の虫歯であれば歯の再石灰化を促すことで、治癒が期待できるケースもあります。このしくみを活用ことが、歯を丈夫に保つポイントだといえるのです。

予防は歯科衛生士にお任せください

予防は歯科衛生士にお任せください

当院では、治療にあたる歯科医師と歯科衛生士が一つのチームを組み、治療と予防ケアを連動して行っています。歯科衛生士は歯科医師の指示によってケアを行いますので、治療内容や患者様のお口の傾向などに合った予防が可能になります。

歯科衛生士は口腔衛生の専門家です。一人ひとりのお口の状態に合った正しい歯みがき指導や、歯ブラシの選び方などもお教えすることができます。予防のことは、歯科衛生士にお任せください。

歯科衛生士おすすめデンタルグッズ

当院では、歯科衛生士がおすすめするデンタルグッズを受付にて販売しています。患者様のお口に合ったもの、また効果的な使用方法などをお教えしますので、気になるものがありましたらお気軽に歯科衛生士におたずねください。

ウェルテック社
「マウスリンス」
「マウスジェル」
ウェルテック社
「ジェルコート」
「コンクール」
GC社
音波振動歯ブラシ
「プリニアスリム」
ウェルテック社「マウスリンス」「マウスジェル」 ウェルテック社「ジェルコート」「コンクール」 GC社音波振動歯ブラシ「プリニアスリム」
お口の中が乾燥すると、細菌が繁殖しやすくなって虫歯や歯周病になりやすくなります。そこで、お口の中が乾燥しやすい方におすすめするのが、こちらです。簡単なケアで、お口に潤いを得ることができます。 歯みがきの際のフッ素コート剤「ジェルコート」と、殺菌作用のあるうがい薬「コンクール」です。どちらも、虫歯・歯周病予防を目的としています。 音波振動によって歯石を効率的に除去する電動歯ブラシです。替えブラシの種類も豊富でランニングコストも安い上に、スリム&軽量ボディで持ちやすく使いやすいため、老若男女を問わずおすすめしています。

妊婦歯科検診も行っています

女性は妊娠すると下記のような変化が起き、お口の環境が悪化して虫歯や歯周病になりやすくなります。

だ液の性質の変化 血中ホルモンの増加
だ液の性質が変化し、お口の中はネバネバした状態になります。細菌が繁殖して、虫歯や歯周病になりやすくなります。 女性ホルモンの血中濃度が高まり、女性ホルモンを利用して増える歯周病菌の原因菌が増殖。歯肉の炎症が起きやすくなります。
つわり 食欲亢進
つわりによって歯みがきがしにくくなり、プラーク(歯垢)や歯石が付着して虫歯や歯周病になりやすくなります。 食欲が高まったり、つわりの影響で少しずつ何回も食べるようになったりすることで、お口の中はいつも汚れた状態になります。

妊婦歯科検診も行っています

このように、妊娠中はふだん以上にお口の環境に注意することが必要です。とくにつわりの時期は、歯みがきが難しくなるかもしれません。そういったときには無理せず、とりあえず口をゆすぎ、気分のよいときにしっかりみがくようにしましょう。また安定期に入ったら、一度検診を受けることをおすすめします。

検診のご予約はこちらからでも受け付けています