歯並びの悪さが気になっています

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

Q&A

歯並びの悪さが気になっています

サービス業への転職を考えているのですが、人前に出る仕事だけに自分の歯並びの悪さが気になっています。できれば今からでも歯並びを改善したいと思っているのですが、何かよい治療法はないでしょうか?

歯並びの悪さが気になっています

新宿スワン歯科・矯正歯科からの回答

歯並びのお悩みは、矯正治療にて改善が見込めます。しかし、矯正治療と聞くと「目立つ装置を装着しなければならない」「痛みを感じると聞いたことがある」「子供のときにするもの」など、マイナスのイメージを持たれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? 実は、近年の矯正治療には「目立たない」「痛みが少ない」「ストレスを感じにくい」治療法が増えています。ご自身の歯並びにコンプレックスを持たれている方は、ぜひ一度矯正治療をご検討ください。

矯正治療には多くの種類がある

矯正治療と聞いて最初にイメージするのは、歯の正面に装着する金属製の矯正装置ではないでしょうか? これは、ブラケットと呼ばれるボタン状の突起を装着し、ワイヤーをかけることで少しずつ歯を動かす矯正方法です。しかし、矯正治療法はそれだけではなく、現在ではより多くの矯正治療法が確立されています。ここでは、当院で採用しているいくつかの矯正装置についてご紹介します。

金属製のブラケットを装着する治療法は矯正の効果が高い反面、装置をつけていることが目立ちやすいというデメリットがあります。そこで、透明のプラスチック製でワイヤー部分が白くコーティングされている、「クリアブラケット」を選ぶこともできます。クリアブラケットは装置をつけているのが分かりにくく、金属アレルギーのリスクを抑えることができます。

また、矯正装置をつけるのは歯の表面だけとは限りません。歯の裏側に装着する舌側矯正(裏側矯正)なら、接客業や営業職など人前に出る仕事をしている方でも周囲から気付かれずに治療を進められます。また、歯が前に出ているいわゆる出っ歯の方の場合、裏側から歯を引っ張る舌側矯正による治療が効果的です。

マウスピース型の矯正装置なら気付かれずに治療できる

さまざまな矯正装置の中でも目立ちにくいのは、透明のマウスピースを使う方法です。食事やブラッシングなど任意のタイミングで取り外せるため、日常生活にほとんど支障をきたしません。また、透明の樹脂製なので金属アレルギーの心配もありません。

このマウスピース矯正の中でも選ぶ方が増えてきているのが「インビザライン」です。通常のマウスピース矯正の場合、歯型を取るために定期的に通院する必要がありますが、インビザラインは最初に歯型のデータをコンピューター上でシミュレーションし、段階的な治療に使うマウスピースを初回ですべて作製できます。あとは、約2週間ごとにマウスピースを取り換えていくだけなので、通院回数を大幅に減らすことができるのです。

しかし、1日20時間以上装着することで効果が表れるため、食事やブラッシングのとき以外は眠っている間でも常につけておく必要があります。ただし、大きく乱れた歯並びの場合は使用できないこともありますので、一度ご相談ください。

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

矯正治療は歯並びの見た目をよくするだけでなく、噛み合わせやブラッシングのしやすさなど、口腔内の健康を考えるうえでも重要です。歯の細部まで歯ブラシが届きにくいため、きちんとブラッシングするのが難しくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まるでしょう。また、噛み合わせが悪いと食べ物をうまく噛めず、大きなまま胃腸に運ばれてしまうため、消化器官に悪影響を及ぼします。

インビザラインは世界中で170万人以上が受けた治療法です。もちろん、治療の際には患者様の実際のお口の状況を確認し、しっかりとお話を伺ってから最適な治療方法を提案いたします。まずは、当院までご相談ください。

一覧へ戻る