インプラントの構造について

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

Q&A

インプラントはどのような構造になっているのですか?

新宿スワン歯科・矯正歯科からの回答

インプラントの構造は、「人工歯根」「連結部分(アバットメント)」「人工歯」の3つのパーツに分かれています。

インプラント本体である人工歯根はフィクスチャーとも呼ばれ、外科手術で顎の骨に埋め込みます。人工歯根の素材は生体親和性の高いチタン製で、周囲の骨と結合しやすい特徴を持っています。そのため、天然歯と遜色ない強度と噛み心地を得られます。

アバットメントは人工歯根に装着する連結(土台)部分のことで、その上に人工歯を装着します。人工歯には天然歯に近い質感を持つセラミックなどの素材が用いられ、自然な噛み心地と高い審美性を誇ります。

一覧へ戻る