矯正治療と虫歯について

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

Q&A

矯正治療中は虫歯になりやすいですか?

新宿スワン歯科・矯正歯科からの回答

はい。一般的に矯正治療中は、歯にブラケットというボタンのような突起を着けてワイヤーをかけるため、歯ブラシでブラッシングしにくい部分ができてしまいます。そのため、歯垢(プラーク)が溜まりやすくなり、虫歯のリスクが高まるとされています。

その点、透明のマウスピースを使って矯正治療を行うインビザラインの場合、矯正装置を自由に着脱できるため普段通りブラッシングすることが可能です。ただし、そのぶん意識してなるべく長い時間装置を装着する努力も必要です。

矯正中はより丁寧にブラッシングを行い、医師から指示のあった時期にきちんと受診し、口腔内を良い状態に保つことを心がけましょう。当院では歯科衛生士による歯のクリーニングやブラッシング指導も行っていますので、ホームケアの疑問点など気軽にお問合せくださいませ。

一覧へ戻る