妊婦さんは歯周病・虫歯に要注意!~健康な赤ちゃんのためにできること~

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

妊娠中は、様々なことに気を遣いながら生活をしなければいけません。タバコやアルコールが厳禁なのはもちろんですが、食事の栄養バランスに気を配ったり、好ましくない食べ物を避けたり、薬を飲まなくて済むように風邪に気をつけたりと、いろいろな制約を受けますよね。

妊娠中の注意点の中でも、忘れてはいけないのがお口のケアです。今回は、妊婦さんに読んでいただきたい、「妊娠中のお口の健康管理」についてのコラムです。

妊娠中は口腔内トラブルが起きやすい!

妊娠すると女性ホルモンが増加して、体に様々な変化が起こります。お口の中も例外ではなく、口腔内環境が変化することで歯や歯茎のトラブルが起こりやすくなるのは妊娠中の大きな注意点です。たとえば、妊娠中は唾液の量が減って自浄作用が低下することで、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。特に妊娠初期はつわりがひどく、歯磨きがおろそかになりがちなので、それが口腔内トラブルを引き起こす原因にもなります。

ママの歯周病が赤ちゃんに影響を及ぼす!?

女性ホルモンは歯周病菌の増殖を促す働きがあります。そのため、女性ホルモンが増加する妊娠期は歯周病にかかりやすい状態にあると言えます。妊婦さんにとって歯周病はとても恐ろしい存在。自分の歯茎が腫れたり出血したりするだけでなく、生まれてくる赤ちゃんに影響を及ぼすこともあるのです。

歯周病が影響を及ぼすのは“歯周”だけではない!?」でもお伝えしましたが、歯周病の妊婦さんは、そうでない妊婦さんに比べて早産・低体重児出産のリスクが高まることが報告されています。健康な赤ちゃんのために、歯周病の予防・治療は必須だと言えるでしょう。

虫歯菌はママから赤ちゃんに移る!?

妊娠して唾液の分泌量が少なくなると、虫歯になりやすくなります。もちろん予防することが重要ですが、もし虫歯になってしまったら、できるだけ妊娠中に治療を終わらせるようにしましょう。なぜなら、お母さんに虫歯があると赤ちゃんが虫歯になるリスクも高まってしまうからです。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯菌は存在しませんが、お母さんが使ったスプーンやお箸で食べさせたり、キスをしたりすることによって虫歯菌が赤ちゃんに感染してしまいます。食器の共用やスキンシップを避ければ感染のリスクは低くなりますが、現実的にこれらの行為を一切控えるのは難しいことだと思います。だからこそ、出産前に治しておくのが理想的です。

妊婦歯科検診(マタニティ歯科)を受診しよう!

虫歯・歯周病の予防・治療は大切な出産準備です。妊娠中もご自宅での歯磨きは欠かせません。無理に歯磨き粉を使わずに磨く、1日のうちで体調のいい時間に磨く、ヘッドの小さい歯ブラシを使うなど、負担の少ない方法で構いませんので口腔内を清潔に保つようにしましょう。また、ご自宅でのケアに加えて、妊婦歯科検診(マタニティ歯科)を受診することも大切です。妊娠中期に入ると体調も安定してきますので、この時期に受診するのがおすすめです。
>>スワン歯科の妊婦歯科検診はこちら

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

麻酔やレントゲンなど、妊娠中の歯科治療に不安を感じている方は少なくありません。しかし、歯科で使用する麻酔はごく少量なので赤ちゃんに影響はありませんし、防護エプロンを着けていればレントゲンの影響を受けることもありません。「歯医者に行くのは産後にしよう」という気持ちになりがちですが、できるだけ妊娠中にも歯科医院に通って、お口の健康管理に努めましょう。妊娠中もお口の健康をキープして、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

次回の歯科コラムは、8月28日(金)の公開を予定しております。ぜひお楽しみに。

一覧へ戻る