「謎の記号」から見る虫歯の進行段階

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

歯科検診を受けたとき、歯医者さんが早口で唱えている呪文のような・・・暗号のような・・・謎の記号が気になったことはありませんか? 「CO」とか「C1」とか「/(スラッシュ)」など意味が分からず、ただただ不安だったという方もいらっしゃるでしょう。この「CO」や「C1」「/」は、歯の状態を指す歯科特有の記号です。検診を行う歯医者さんが、歯の場所と状態を数字や記号で示しているだけなので安心してくださいね。

歯の場所は、永久歯の場合、前歯から奥歯に向かって1~8の番号で呼ぶことになっています。乳歯の場合は、前歯から奥歯に向かってA~Eの5つの記号を使用します。

歯の状態は、主に「C(虫歯を意味するカリエスの頭文字)」が用いられます。虫歯になりそうな歯は「CO(シーオー)」で、治療が必要な歯は段階的に「C1」「C2」「C3」「C4」。健康的な状態なら「/」となります。それ以外には「O(治療済みの歯)」「△(怪我や治療で失った歯)」「×(抜歯を考慮すべき乳歯)」などがありますが、これらを覚えておけば、歯科検診で歯医者さんが唱えている「謎の記号」の意味をおおむね理解できるはずです。

ストップしたい、虫歯の進行プロセス

虫歯は、進行段階によって症状も治療法も異なります。こちらでは、「CO」「C1」「C2」「C3」「C4」がそれぞれどのような状態なのかをご説明します。

CO:初期段階の虫歯

「CO(シーオー)」は、虫歯菌がつくり出した酸によって歯のエナメル質がわずかに溶かされている状態です。“虫歯になりかけ”なので痛みなどの症状はありませんが、乳歯や生えたての永久歯はすぐC1に進行してしまうので注意しましょう。この段階では「削る治療」は必要なく、毎日の正しいブラッシングなどによって改善できます。

C1:エナメル質の虫歯

「C1(シーワン)」は、エナメル質が溶かされた部分が大きくなり、小さな穴が空いた状態です。この段階になると、穴が空いた部分が茶色もしくは黒っぽく変色して見えるようになります。とはいえ、まだ表面的な虫歯なので、ズキズキ痛むようなことはありません。治療では虫歯部分を削り取り、詰め物で補う処置が必要です。

C2:象牙質の虫歯

「C2(シーツー)」は、エナメル質の内部にある象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質はエナメル質よりもやわらかいため、虫歯の進行が早まります。C2まで進行すると、冷たいものだけでなく熱いものを食べたときにも痛みを感じることがあります。C1と同様に虫歯部分を削り、大きめの詰め物で補う必要があります。

C3:神経におよんだ虫歯

「C3(シースリー)」は、虫歯が神経や血管まで進行した状態です。特に何もしていなくても、常にズキズキと激しい痛みが続きます。C3まで悪化すると、治療の長期化を覚悟しなければなりません。虫歯に侵された歯質と神経・血管を取り除いたら、「根管治療」を行い、その上に被せ物をして失った部分の歯の機能を補います。

C4:歯根に達した虫歯

「C4(シーフォー)」は、虫歯が進行して歯冠部分がほとんど溶かされてしまった状態です。C3の状態で我慢・放置していると、神経が死んでしまうためいったん痛みを感じなくなりますが、歯根部まで虫歯に侵されてしまうと膿がたまって再び激しく痛むようになります。この段階では、治療で歯(歯根)を残すことが極めて困難です。

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

虫歯は放っておくほど治療が大変になっていき、歯の寿命も短くなってしまいます。「少ししみる程度だからまだ大丈夫」と思っているうちに、あっという間に「C3」まで進行してしまうケースも珍しくありません。また、自覚症状がないからといって、虫歯でないとは限りません。自覚症状がない段階の虫歯を発見するには、定期検診を受けることをおすすめします。痛みが出てしまう前に、虫歯の早期発見・予防を心がけたいですね。

>> スワン歯科の定期検診

一覧へ戻る