こんな歯磨きは逆効果!?歯医者が教えるブラッシングの注意点

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

誰もが毎日、当たり前のようにしている「歯磨き」ですが、実は正しいブラッシングができている人はそれほど多くありません。歯磨きは毎日のことであるだけに、間違った方法で続けていると歯やお口の健康にとって逆効果になってしまうことも・・・。毎日磨いているのに「虫歯ができてしまう」「歯周病が治らない」「着色汚れが気になる」という方は、一度、歯磨き習慣を見直してみてはいかがでしょうか? 今回は、「歯磨き粉」と「歯ブラシ」にフォーカスして、歯磨きのポイントをアドバイスいたします。ぜひ、取り入れてみてくださいね。

研磨剤の入った歯磨き粉はいいの!?

市販の歯磨き粉のほとんどは、「研磨剤」が含まれています。研磨剤は、歯に付いた汚れを削るように落としてくれますが、反面、歯が削れる原因になるとも言われています。

歯は、私たちの身体のなかでもっとも硬い部分です。そんな歯が、歯磨きくらいで削れてしまうのでしょうか?――答えは、「Yes」です。もちろん、研磨剤入りの歯磨き粉を数回使っただけで削れることはありませんが、毎日続けていると徐々に削れていきます(歯質の強さなど個人差はあります)。その結果、歯のエナメル質に微妙なデコボコができて、そこに汚れが溜まりやすくなるという悪循環を招くのです。そうなると、虫歯になりやすくなるほか、着色汚れも取れにくくなります。

長期的に歯の健康・美しさを維持していきたいのであれば、研磨剤が入っていない歯磨き粉か、できるだけ低研磨性の歯磨き粉がおすすめです。

歯磨き粉の成分表示に「炭酸カルシウム」「ケイ素」などの記載があれば、研磨剤が含まれている証拠です。低研磨や無研磨の歯磨き粉は、歯科医院で販売されていることが多いので、お近くの歯医者さんに問い合わせてみましょう。

毛先が「かため」の歯ブラシはいいの!?

ドラッグストアなどに歯ブラシを買いに行くと、「かため」「ふつう」「やわらかめ」という表示を見かけると思います。やわらかめだと「磨いた気にならない!」と、かための歯ブラシでゴシゴシ磨いている方はいらっしゃいませんか?

毎回、かたい歯ブラシで力任せに磨いている人は、歯のエナメル質が削れたり、歯と歯茎の境目の象牙質がむき出しになり、知覚過敏を引き起こしたりするケースが多々あります。最適な硬さはその人の歯質や磨き方の癖、口腔内の状態などによって変わってきますので、一度歯医者さんに相談してみるのがいいでしょう。

「歯ぎしり」の癖がある方は要注意!

毎回、研磨剤入りの歯磨き粉とかための歯ブラシを使ってブラッシングしていると、歯が削れてしまうリスクがありますが、私たちの歯が削れてしまう最大の原因は「歯ぎしり」だと言われています。

歯ぎしりは、上下の歯のエナメル質を強い力でこすり合わせるため、非常に歯が削れやすくなります。結果として、知覚過敏を起こしたり、歯が割れたりするリスクも高くなります。歯磨き粉や歯ブラシを見直すことは大切ですが、もし歯ぎしりの癖を自覚しているのであれば、それを改善することのほうが先決です。歯ぎしりのリスクや治療法は、以下のコラムを参考にしてください。

>> うるさいだけでは済まない!歯ぎしりが引き起こすトラブルとは?
>> 歯ぎしりの原因はストレス?~対策と治療法~

まずは正しいブラッシング方法を!

歯磨き粉・歯ブラシ選びは大切ですが、いくら道具にこだわっても使い方が悪ければ本末転倒です。健康で美しい歯を維持していくためにもっとも重要なのは、自分に合った正しい磨き方を身に付けること。ぜひ一度、お近くの歯医者さんに足を運んで、ブラッシング指導を受けてみてくださいね。

一覧へ戻る