10代のためのマウスピース矯正治療「インビザライン・ティーン」

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

最近の矯正治療では、「インビザライン」を選ぶ方が増えてきています。当院も多くのお問い合わせをいただいておりますが、なかでも多いのが、「子どもでもインビザラインができますか?」というご相談です。もちろん、お子様でもインビザラインによる矯正治療が可能です。今回は、10代のお子様向けのマウスピース矯正「インビザライン・ティーン」について解説していきましょう。

インビザライン・ティーン(Invisalign Teen)

10代のお子様のお口は、歯の生え替わりや顎の成長など成長過程にあるため、一般的なインビザラインによる矯正は困難でした。インビザライン・ティーンはこのような課題を克服し、11~16歳(小学校高学年~中学生くらい)の若年層向けに開発された新しいマウスピース矯正システムです。

インビザライン・ティーンの最大の特徴は、永久歯が完全に生えそろっていない(萌出途中の歯がある)場合でも矯正治療ができること。乳歯がすべて抜けているお子様であれば、治療を受けることができます。事前のコンピューターシミュレーションで歯の大きさを予測してスペースをつくるため、お子様の成長に合わせて効率的に矯正治療を進められます。

インビザライン・ティーンのメリット

虫歯になりにくい

矯正治療中のお子様にとって、虫歯予防は非常に重要になってきます。特に10代は、歯磨きが不十分になりがちで虫歯になりやすい年代。この時期に、固定式の矯正装置を付けると歯磨きがしにくくなり、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。インビザライン・ティーンなら、マウスピースを取り外して歯を磨けるため、お口のなかを清潔に保つことができ、虫歯になりにくい環境で矯正治療を進めていくことができます。

部活や趣味に影響がない

インビザライン・ティーンは、ワイヤー矯正に比べるとスポーツや吹奏楽などの部活や趣味に与える影響が少ないのがメリットです。

インビザライン・ティーンはマウスピース型の装置ですから、スポーツ中などに人とぶつかったり転んだりしてしまった際の、お口の中のケガのリスクを抑えられます。また、取り外しできるため、吹奏楽などで楽器を使う際も普段どおりの演奏ができます。

ストレスがない

矯正装置が目立つことは、思春期のお子様からすると大人以上に大きなストレスになります。インビザライン・ティーンで用いる透明のマウスピースは、目立ちにくく周囲からも気づかれにくい装置です。人の目を気にしたり口元を隠したりすることもなく、余計なストレスを抱えずに矯正治療を進めることができます。

歯を抜かずに済む可能性が高まる

大人になってからの矯正治療は、顎の骨の成長が止まっているため、歯並びをきれいにするためのスペースがなく、抜歯が必要になる場合があります。

一方、顎の骨が成長中で、永久歯が生えそろっていない子どもの時期に矯正治療を受けることで、歯が並ぶスペースを確保しやすくなります。もし将来、本格的な矯正治療が必要になった場合も、歯を抜かずに治療できる可能性が高くなります。

紛失・破損しても保証がある

お子様は、マウスピースをなくしたり壊したりしてしまう可能性がありますが、インビザライン・ティーンは保証システムがあるので安心です。マウスピースを紛失・破損した場合は、6個まで無償で交換してもらえます。

お子様の歯並びに不安がある親御様。「インビザライン・ティーン」での治療を検討してみてはいかがでしょうか?

一覧へ戻る