定期検診の春!歯の健康診断「デンタルドック」を受けに行こう!

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

早いもので今年も4分の1が過ぎました。季節は春! 新年度を迎えての最初のコラムは、歯の健康診断についてのお話です。

この春から新入社員・新入生になる人はもちろんですが、そうでない人も、春は新しいことをスタートするのに最適な時期。あなたの「新しいこと」の一つに、デンタルドックを加えてみませんか?

デンタルドックって何?

デンタルドックとは、「歯科の健康診断」のことです。会社勤めの方は年に1回、健康診断がありますよね。健康診断のタイミングで、「去年より血圧が高い・・・」「中性脂肪が基準値をオーバーしている・・・」といった変化に気付くことも多く、生活習慣を見直す人、再検査・精密検査を受ける人もいると思います。一方で、歯の健康についてはどうでしょう? 毎年、自分の口腔内の状態をデータとして把握している人は少ないはずです。

無関心な人が多い「歯の健康」

体の健康はしっかりケアしていても、歯の健康には無頓着な人は意外と多いのが現状です。今の日本は空前の「健康ブーム」で、食生活や運動をはじめとする健康管理への意識が高まっていますが、歯に関して言えば、健康管理・予防への意識は欧米諸国に比べて低いと言わざるを得ません。

大人が歯科検診を受けない理由

小・中学校のときは毎年受けていた歯科検診ですが、大人になってからは受ける機会がなくなります。近年、健康診断に歯科検診の項目を導入する企業も増えていますが、まだまだ少数派。歯の健康診断を受けるためには、自分で歯医者に行く必要があります。そのため、「忙しい」「面倒くさい」「お金がもったいない」といった理由で、大人になればなるほど歯科検診を受けない人が増えてくるのです。

賢い人はデンタルドックを受けている!?

通院や治療費の負担を気にして歯の健康診断をためらっている方に、一つの事実をお伝えします。それは、定期的にデンタルドックを受けている人のほうが、受けていない人より、歯科医院で生涯に使う費用が安く済むということ。デンタルドックを受けていない人は、以下のような悪循環を辿り、結果として長く通院して、より多くの治療費を費やすことになるのです。

(1) 時間もないし、お金もかかるし、歯医者には行きたくない
(2) 虫歯・歯周病にかかっていても気付けない
(3) 虫歯・歯周病が進行して痛みが出てくる
(4) 「そのうち治るはず」と我慢する
(5) 虫歯・歯周病が悪化して痛みがひどくなる
(6) 我慢できなくなって歯科医院に行く
(7) 重症化しているため、治療に時間・お金がかかる

いかがでしょうか? 理想的なのは(1)の考えを改めて歯科検診を受けること。病気にかかる前に予防できれば、治療を受ける必要もありません。遅くとも(3)(4)の段階で歯医者に行っていれば、簡単な治療で済むはずです。いちばん良くないのは、異常があるのに我慢して歯医者に行かないこと。病気が悪化してからの治療になると、それだけ時間も費用もかかるのは、内科の病気も歯の病気も一緒です。

新宿スワン歯科・矯正歯科 院長より

スワン歯科では3、4ヶ月に一度の定期検診をおすすめしています。このペースが難しい方は、半年に1回でも、1年に1回でもデンタルドックを受けるようにしましょう。自分の誕生月に受ける方もいますが、新しいことが始まる「春の歯科検診」を習慣にするのもおすすめです。新年度のスタートである4月のうちにデンタルドックを受けて、健康なお口でゴールデンウィーク、夏休みを迎えてくださいね。

一覧へ戻る