院内感染予防への取り組み

  • ホーム > 
  • 院内感染予防への取り組み

お電話でのご予約
03-5325-6070

初診・カウンセリング
Web予約はこちら
ドクターへの無料
メール相談はこちら

徹底した院内感染予防への取り組み体制

徹底した院内感染予防への取り組み体制

患者様に安全な治療環境をご用意することは、医療のプロとして当然の義務です。そこで東京の各線新宿駅・西口からすぐの歯医者「新宿スワン歯科・矯正歯科」では、治療器具はもちろん院内のすみずみまで衛生管理を徹底し、院内感染の防止に努めています。こちらでは当院における院内感染防止への取り組みをご紹介します。

3つの院内感染対策

取り組み1:院内の清潔区域・不潔区域の区別

当院では院内を「清潔区域」「不潔区域」に分類し、機材の配置場所などのレイアウトを組んでいます。

治療⇒洗浄⇒消毒⇒滅菌⇒保管

このような動線をふまえ、作業がスムーズに進むことはもちろん、清潔区域・不潔区域が混在しないよう配慮し、衛生管理を徹底しているのです。

取り組み2:システム化された滅菌・消毒の徹底

当院には滅菌担当者が常駐し、治療器具の徹底した滅菌・管理を実現するシステムを構築しています。治療器具のほとんどは下記の医療機器にて滅菌・消毒を行い、次に使用するときまでパッキングして保管。使いまわされることも少なくないハンドピース類も、当院では患者様ごとに取り替え、滅菌・消毒を行っています。

器具洗浄機「+α Washer Disinfector」

器具洗浄機「+α Washer Disinfector」

90℃の高温の水と、強アルカリの専用液体洗剤によって、治療器具に付着した血液やタンパク汚れなどを強力洗浄する機械です。従来の人の手による洗浄と違い、器具の細かな部分までの汚れを徹底して落とせるため、院内感染リスクを最小限に抑えることができます。

Lisa (リサ)

Lisa (リサ)

ヨーロッパにおける厳しい基準をクリアした、クラスBのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)です。下記で使用される大型滅菌器の規格に準じており、治療器具の確実な滅菌を可能にします。

コンボネーションオートクレーブ DAC (ダック)

コンボネーションオートクレーブ DAC (ダック)

細かなハンドピースの外側はもちろん、内側まで、洗浄・注油・滅菌という一連のメンテナンスが可能なコンビネーション型の滅菌器です。短時間での確実な滅菌を可能にします。

滅菌処理の3STEP
STEP1.
超音波洗浄
STEP2.
パッキング
STEP3.
滅菌
STEP1. 超音波洗浄 STEP2. パッキング STEP3. 滅菌
治療器具に付着した血液やタンパク質、汚物などを、超音波を用いて剥離させ、強力に洗浄します。 洗浄した器具は、雑菌を通さない構造になっている滅菌パックに封入します。 パッキングした器具を高圧蒸気滅菌器に入れ、細菌などを完全に死滅させます。
取り組み3:ディスポーザブル化

当院では使い捨て(ディスポーザブル)が可能な物は、すべてそれを選び、院内感染を防止しています。

ディスポーザブルが可能な物
紙コップ、エプロン、注射針、医師が装着するグローブ など

院内の様子や詳しいアクセスはこちらをご覧ください